忍者ブログ

"かけがえのない人へ"、ガーディナー、ベートーヴェン"8番"

2012.09.16 - ベートーヴェン
 
bee
 

ベートーヴェン「交響曲8番」ガーディナー指揮オルケストル・レボリュショネル・エ・ロマンティク




白石一文の「かけがえのない人へ」を読む。

これは、たいして好きでもないエリート社員との結婚を控えた女が、昔付き合った男とのセックスに溺れる話。
「結婚というキャリアを残しておきたい」という女心はわからないでもないが、世間の常識にとらわれている哀れさがある。
結局、女はどちらの男を取るのか・・・。
企業小説としても読める好中編。









ガーディナーのベートーヴェン8番を聴く。

全体的にこざっぱりした、小回りのきいたベートーヴェン。どの楽器もきびきびとしていて気持ちがいい。響きもなめらか。
トータルの演奏時間は24分だからけっこうな速さなのだけど、格別なのは終楽章。6分少々で駆け抜ける。超特急の走りである。それでも技術的な破綻は見当たらず、あたりまえのように演奏している。すごいものだ。
小林秀雄ならば「ヨロコビが疾走する」なんて言うかもしれない。言わないか。

私はこの指揮者のベルリオーズをまったく面白いと思わなかったが、このベートーヴェンは好みはともかく、聴きどころは多いと思う。


1992年12月、ロンドンでの録音。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 5 6 7
11 13 15
17 21 22
25 26 27 28 29
30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー