忍者ブログ

タカーチ弦楽四重奏団、ベートーヴェン「大フーガ」

2019.05.12 - ベートーヴェン

ma



タカーチ弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲13番「大フーガ付き」を聴きました(2003-2004年、セント・ジョージ・ブリストルでの録音)。


タカーチによる後期四重奏曲はどれも素晴らしいもので、この13番も例外ではありません。
響きが濃密であり、かつ深いコクがある。冷気のようなキレがありつつ、羽毛のような肌触りを感じるところもある。しなやかで弾力に富むフレージングはいきいきとしており、音楽を聴くこれは愉悦なのだと感じないわけにいきません。

このディスクでは、「大フーガ」のあとに差し替えのフィナーレが置かれています。「大フーガ」は異形の曲なので、どのように配置してもいまひとつしっくりこないのですが、これはベートーヴェンの生前から指摘されてきたことなので、まあ仕方がない。
フィナーレはスケールの大きさでは「大フーガ」に劣るかもしれないけれど、頬ずりしたくなるほど愛らしい音楽。ここでも堪能しました。


エドワード・ドゥシンベル(ヴァイオリン)
カーロイ・シュランツ(ヴァイオリン)
ロジャー・タッピング(ヴィオラ)
アンドラーシュ・フェイェール(チェロ)











PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー