忍者ブログ

ズスケ弦楽四重奏団、ベートーヴェン、"大フーガ"

2017.08.20 - ベートーヴェン

ma




ズスケ弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの「大フーガ」を聴きました(1979年5-6月、ドレスデン、ルカ教会での録音)。


この曲で印象に残っているのは、切っ先が鋭く激しいジュリアード四重奏団の新盤と、まろやかな風合いで包み込まれるようにスケールの大きなゲヴァントハウス四重奏団の演奏。


ズスケは、その中間をいくような演奏だと言えるかもしれません。
各パートはとても雄弁であるゆえ、音楽は立体的に聴こえます。まるで、松脂が飛び散るさまが見えるような、臨場感のある音色でもあります。奏者の技量のバランスもとれているように思います。しかしとりわけ、ズスケの弾力性のあるヴァイオリンは、やはり最大の聴きものでありましょう。













ma
 
パースのビッグムーン。












PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5 6 7 9
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー