忍者ブログ

ジュリーニ、ベートーヴェン"8番"

2016.04.19 - ベートーヴェン

ma



ジュリーニ指揮スカラ・フィルの演奏で、ベートーヴェンの交響曲8番を聴く。

彼はこの曲を70年代にロンドン・フィルと録音していて、記憶が確かならば、これが2回目のセッション録音であるはず。
ロンドン・フィルとの演奏は、この曲にありがちな、いたずらにリズムを強調する類のものではなく、彼らしい柔らかでしなやかなフレージングを随所に聴くことができるもので、好きな演奏である。

さて、このスカラ・フィルとのものはどうか。
出だし、ティンパニと弦楽器がピッタリと合っていて気持ちがいい。爽快な演奏を予想させたが、そうでもあり、またその他にもメニューの豊富なご馳走だった。
そして、歯切れのいいところと、レガートで押していくところとが、場面によってすみ分けされていて、ニュアンスが豊か。じつに考え抜かれたと思わされる演奏。

オーケストラは、まず木管楽器が雄弁。ファゴット、クラリネット、フルート、自然で明快、滑舌がいい。
弦楽器はけっこう熱い。1楽章や終楽章では、チェロとコントラバス、あるいはヴァイオリンが軋みをあげている。まるで白熱のライヴ演奏のような様相。終楽章で、ヴァイオリンがわずかにかけるポルタメントがお洒落。

テンポは全体的に中くらい。トータル・タイムは27分と少し。この時期のジュリーニにしては、遅くない。

晴朗な野花の香りの交響楽、である。


1992年9月、ミラノ、アバネッラ劇場での録音。



ma
 
春。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 6
8 10 12
15 19
21 23 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー