忍者ブログ

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団、ベートーヴェン"14番"

2017.05.05 - ベートーヴェン

ma

 

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲14番を聴く(1996年5月-1997年1月の録音)。


これは、柔らかい演奏。

柔らかいといえば、定評のある、ウイーンのバリリやアマデウスも聴いた。録音の塩梅にもよるだろうけれど、ゲヴァントハウスのほうが柔らかいように感じた。

4つの楽器のどれもがきめ細やかで、上質なシルクの手触り。それがかけ合わさると、ほどよく空気がブレンドされて、触れればホロホロと崩れそうなくらいに繊細な合奏になる。
2楽章アレグロは愉悦。どの楽器も、イキイキと飛翔しているよう。苦悩をしばし忘れる。
4楽章アンダンテは、強弱の抑揚が自然につけられていて、表情豊か。コクのある響きがおいしい。
5楽章プレストは速すぎない中くらいのテンポ。演奏によっては超攻撃的にもなる曲だが、ゲヴァントハウスのは温厚。ひとつひとつの音符を丁寧に奏でる。
7楽章アレグロもじっくりした足取り。これほど堅苦しい音楽もそうそうないものだが、彼らの弾きぶりからは作曲家に対する畏敬の念に加えて、大きな愛情を感じることができる。だから、親密、とまではいかないけれど、この音楽は自分と同じ世界にあるのだな、くらいには感じることができる。



フランク・ミヒャエル・エルベン(ヴァイオリン1)
コンラート・ズスケ(ヴァイオリン2)
フォルカー・メッツ(ヴィオラ)
ユルンヤーコプ・ティム(チェロ)











ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー