忍者ブログ

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団、ベートーヴェン"ラズモフスキー2番"

2017.04.08 - ベートーヴェン

ma




ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲8番「ラズモフスキー2番」を聴く(2002年2月の録音)。


切っ先鋭く、決然とした出だしであるが、響きそのものにコクが香っているから、いきりたった感じはしない。堂々とした構え。
各声部は明確に聴こえ、迷いがなく、しっかりと力強い。冒頭の数十秒で勝負あった感じ。

1楽章はシリアスな音楽。長調と短調が入れ替わるところ、その表情の移り変わりはいたって自然であり、滑らかに仕上がっている。
2楽章は、ツェルニーが「星のきらめき」と評したと云われる楽章。エルベンのヴァイオリンは、呼吸がたっぷりと深くて、音は艶やか。しなやかに幻想世界を演出している。
3楽章は、ベートーヴェンが書いたもっとも面白いスケルツォのひとつ。ゲヴァントハウスの演奏は軽快。ロシア民謡を引用したトリオは、ユーモラスな味を添えて奏している。
4楽章プレストは、速いなかに細かなニュアンスを含ませていて表情が豊か。4名の技量は高いし、音量のバランスがいいから、聴いていて気持ちがいい。



フランク・ミヒャエル・エルベン(ヴァイオリン1)
コンラート・ズスケ(ヴァイオリン2)
フォルカー・メッツ(ヴィオラ)
ユルンヤーコプ・ティム(チェロ)







ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー