忍者ブログ

エマーソン四重奏団、ベートーヴェン"弦楽四重奏曲12番"

2017.04.02 - ベートーヴェン

ma




エマーソン弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲12番を聴く(1994年3月、ニューヨーク、アメリカ文芸アカデミーでの録音)。


これは、切っ先鋭い演奏。

この曲のディスクは、わりと多くを聴いてきたつもり。でも、こんなに峻烈な演奏は他にあったかな。


1楽章は中くらいのテンポ。鋭角的であるが、ところどころにポルタメントをきかせているので、音楽に広がりを感じる。
2楽章は、いくぶんゆっくり目。それぞれの奏者が、とても注意深く、丹念に弾いていることが手に取るようにわかる。ベートーヴェン晩年の深さを、じっくりと味わった演奏。テクニックの点でも文句のつけようがない、というか、最高レヴェルじゃないか。
3楽章は、中くらいのテンポ。躍動感が漲る。ただ、中間部は、恐ろしく速い。悪夢を見るような怖さがある。
4楽章は、わりと速いけれども、ヴァイオリンが丁寧に歌っているのでせかせかした感じはしない。チェロの独奏が毅然としていていい。合奏としても緻密で、隙がない。
 

ユージン・ドラッカー(ヴァイオリン1)
フィリップ・セッツアー(ヴァイオリン2)
ローレンス・ダットン(ヴィオラ)
デヴィッド・フィンケル(チェロ)






ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1
4 6 8
14 15 16 17
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー