忍者ブログ

イタリア弦楽四重奏団、ベートーヴェン、"15番"

2017.01.09 - ベートーヴェン

ma



イタリア弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲15番を聴く(1967年8月、スイスでの録音)。


この曲は、ベートーヴェンのなかで最も好きな曲のひとつ。だから、このイタリア四重奏団による演奏を楽しみにしていた。果たして、素晴らしい出来。

音色がまろやかで密度が濃い。そしてとても伸びやか。音が柔らかいところはバリリSQに似ていなくもないし、伸びのあるところは、東京SQを思わせる。
けれど、バリリと東京を足して2で割った、というわけではない。笑

1楽章は、慎重。ひとつひとつの音符に心を込める。聴き手も緊張せざるを得ない。
2楽章は穏やか。長年の激務をこなし終えて、一服している、といった感じ。
3楽章はゆっくり。件の「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」である。19分32秒をかけているから、同曲異盤中で最長クラスじゃないか知ら。
威容よりも慰め。なんて優しい音楽。もっと遅くてもいいくらい。
4楽章は朗らか。ほっこりしていて明るい。
5楽章は柔和。音楽そのものはシリアスだが、弦の切っ先が丸い。柔らか。テンポはやはりゆっくりしていて、一歩一歩大地を踏みしめている感じ。

15番、これも素晴らしい演奏。
 
 
パオロ・ボルチャーニ(ヴァイオリン)
エリサ・ペグレッフィ(ヴァイオリン)
ピエロ・ファルッリ(ヴィオラ)
フランコ・ロッシ(チェロ)








ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー