忍者ブログ

アルバン・ベルク四重奏団、ベートーヴェン、"4番"

2018.03.03 - ベートーヴェン

ma



アルバン・ベルク四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲4番を聴きました(1980年6月、スイス、セオンでの録音)。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は、比類のない高みに到達した後期の作品もさることながら、脂の乗り切った中期、そしてこの4番を含む瑞々しい初期のものも素晴らしい。
この曲は初期の6曲のなかで唯一短調の音楽。雄渾にして悲劇的な色調は、のちの中期あるいは後期への入り口が開かれているかのようです。

アルバン・ベルクSQの演奏は、スピーディで切れ味がいい。全体を通して、とてもいきいきとしていて、気持ちが浮き立つような音楽を奏でています。

この四重奏団は、個々の技量は高くて優秀なのですが、合奏になると音が濁ることがあるように感じます。この全集にもそれが出ていて、結果として出来にムラがあるように思いますが、これはよかった。








ma
 
パースのビッグムーン。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 6
10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー