忍者ブログ

アマデウス四重奏団、ベートーヴェン"ハープ"

2016.06.07 - ベートーヴェン

ma



アマデウス四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲10番「ハープ」を聴く
(1960年5-6月、ハノーファー、ベートーヴェン・ザールでの録音)。


「ハープ」という曲は、ベートーヴェンの中期の弦楽四重奏曲のなかで、もっともコケティッシュな曲だと思う。

楽想はとても豊かであり、親しみやすく、そして飽きない、「ラズモフスキー」ほど力んでいないし、後期のような仄めかしはない。
単体で聴いたら、ベートーヴェンの音楽のなかで上位に食い込むのではないか。そんな、完成度の高さを感じる。

アマデウスSQはそんなこの音楽を、じつに率直に弾き切っている。ケレンや、衒いはない。楽譜を読みながら聴いているわけではないが、そんな印象を受ける。
ゴチャゴチャしている箇所はそれなりに、情緒たっぷりなところはむしろ端正。
響きは、いつも通りに、しっかりとゴツゴツしていて、木目の香りが濃い。とくに2楽章のアダージョ、密度のある、創意工夫に溢れた音楽には、匂い立つような芳香も漂っていて、むせるよう。そして、スプーンひと匙のせつなさ。

3,4楽章は実に快活。少々、荒々しいアマデウスがまたいい。はち切れんばかりの精気が充満している。
この頃は、もうベートーヴェンの耳は聴こえなくなっていたのに。

 
ノーバート・ブレイニン(第1vn)
ジークムント・ニッセル(第2vn)
ピーター・シドロフ(va)
マーティン・ロヴェット(vc)






ma
 
春。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー