忍者ブログ

アバドとブレンデル

2006.06.01 - ベートーヴェン
先々週にNHKの「芸術劇場」で放送された、アバドとルツェルン
祝祭管弦楽団の演奏を録画したものを、ようやく観た。

相変わらず、最新情報に今一歩ついていけていない。

CDなら「ながら」聴きができるのだが、映像つきのはちょっと。
まとめて時間をとらないとなかなか難しい。
それに加え、我が家のビデオの調子が悪く、巻き戻しをしても
途中で力尽きてしまい、テープの最初までもっていくのがひと苦労
なのである。
かといって、DVDレコーダーはないし。
ボーナスが出たら買おうかな。
ボーナス出るかな?

さて、演奏のほう。
ルツェルン祝祭管弦楽団の噂はいろいろなところで耳にしたが、
映像を見るのは初めて。
ザビーネ・マイヤーはいるわエマニュエル・パユはいるわ
クリストはいるわで、これはオーケストラのオールスターですね。
あのサイトウ・キネンに匹敵するか、上回るのじゃないか。

1曲目はブレンデルが独奏でベートヴェンのピアノ協奏曲第3番。

ブレンデル。
ちょっぴりだけど、お茶の水博士に似ている。

ブレンデル
↑こんな感じ

小生の友人で、銀座の靴屋に勤めている男がいるのだが、店先で
ブレンデルにそっくりなオッサンをみかけるという。
そのヒトは生半可なそっくりではなく、本物のブレンデル以上に
ブレンデルらしい、とのこと。ブレンデルのエキスをギューっと
圧縮したような、濃縮ブレンデル野郎だという。
ただ、残念なことに、ここ1年ぐらいは見かけないそうだ。
転勤でもしちゃったのだろうか。
うーん。是非一緒に写真を撮りたかった。

それはともかく。
この曲では、アバドの指揮が光っている。
速めのテンポで、メリハリつけてキビキビ進んでゆく。とても流れの
いい音楽だ。
マイヤーの隣にいるファゴットは誰だか知らないが、とてもうまい。
第1楽章のピアノとの掛け合いが、生き生きしていて、いい。
全曲中の白眉である。
ブレンデルも弾きぶりも快適だ。ただ、彼としては中くらいの出来
なのではないだろうか。


今日はここまで。
続きは明日、聴きます。


★古典音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

★にほんブログ村 クラシックブログ
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 9 11
13 14 15 17 18
20 21 23
26 28 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:source For Article
-03/28(Tue) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:o guia da reconquista perfeita baixar
-03/27(Mon) -
ヴァンスカ、シベリウス"3番" from:curso vendedor online
-03/27(Mon) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:http://psy.hnue.edu.vn
-03/27(Mon) -
ヴァンスカ、シベリウス"3番" from:o guia da reconquista perfeita pdf
-03/27(Mon) -
カテゴリー