忍者ブログ

オーマンディ、ベルリオーズ"幻想交響曲"

2017.12.02 - ベルリオーズ

mahler




オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏で、ベルリオーズの「幻想交響曲」を聴きました(1960年12月、ニューヨーク、マンハッタン・センターでの録音)。

1976年録音の演奏に比べて、こちらはより引き締まっているように感じます。壮麗でありながら、峻厳でもある。
オーマンディの録音は、おおまかに言えばステレオ以降はCBS(コロムビア)時代と後年のRCA、EMIとに大別されるようですが、CBSのものが往々にしてキレがいい。RCAとの年代差はそんなに大きくないから、彼のスタイルが変わったと云うよりも、録音の按配によるものかもしれません。

1楽章の堂々たる威容、2楽章の弦楽器の洒落たポルタメント、3楽章の各種木管楽器によるコントラストの妙、4楽章の硬くて勢いのあるティンパニとトランペット、5楽章の腹の底に響く低弦と天空を舞うピッコロ。聴きどころは多いです。
いい演奏だと思います。







ma
 
パースのビッグムーン。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
4 5 6
8 9 11 12
15 16 17 18 19 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー