忍者ブログ

ボールト、ヘンデル、"メサイア"

2017.11.23 - ヘンデル

mahler




ボールト指揮ロンドン交響楽団・他の演奏で、ヘンデルの「メサイア」を聴きました(1961年、ロンドン、キングズウェイ・ホールでの録音)。

世評の高い演奏ですが、初めて聴きました。
ボールトの指揮はゆっくり目のテンポであり、呼吸が深く大らかで、生きることの豊潤な喜びに満ちています。浮世の雑事をしばし忘れる。
この曲のディスクでは、ピノック盤、ショルティ盤、パロット盤、リヒター盤(旧)、コッホ盤、ガーディナー盤、ビーチャム盤(新)などを気に入っていますが、このボールト盤もそのなかに入りそうです。

ソプラノとアルトはビックネームですが、男声も好調。
テノールは「慰めよ、わが民を慰めよ」以下、クセのない細やかな歌声を聴かせてくれます。
バスは、細かいパッセージで音程があいまいにあるところが若干あるものの、恰幅がよく威厳たっぷり。
ソプラノは感情移入が多分なため、少しオペラティックな歌い回しになっていますが、可憐でいい。「シオンの娘よ、大いに喜べ」では軽やかなコロラトゥーラを聴かせます。
アルトは艶があって、ノーブルで、それでいてどっしりと落ち着き払っています。安心して聴いていられる。

合唱も安定しています。「こうして主の栄光があらわれ」から「ほふられた小羊こそは」に至るまで、イキイキとしていて野趣がたっぷり。土台をしっかりと支えています。特に好きな「ひとりのみどりごがわれわれのために生れた」は生命力に溢れており、聴いていていっときの幸福を感じないではいられません。
ロンドン響もいい。いぶし銀のような響きが、しっとりした落ち着きを醸し出しています。「ラッパが響いて」におけるトランペットは見事。


ジョーン・サザーランド(ソプラノ)
グレース・バンブリー(アルト)
ケネス・マッケラー(テノール)
デイヴィッド・ウォード(バス)
ジョージ・マルコム(チェンバロ)
ロンドン交響合唱団








ma
 
パースのビッグムーン。














PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー