忍者ブログ

タマリンドの木、マンゼ、ヘンデル「ヴァイオリン・ソナタ」

2011.09.03 - ヘンデル
   
han

ヘンデル ヴァイオリン・ソナタ アンドルー・マンゼ(Vn) リチャード・エガー(Cemb)


池澤夏樹の「タマリンドの木」を読む。
直球の恋愛モノ。日本の会社員と、タイの難民キャンプで働く女。女を諦めるか、会社を辞めてタイに行くか、悩む男。
そして結論は、ワタシの予想とは反するものだった。歳を感じたな。
後半の、お互い相手の立場を深く考え抜くくだりが清々しい。忘れ難い一冊になりそう。


ヘンデルの珠玉のソナタ集。これを聴いていたら、通勤電車も愉悦の時になる。
それはちょっと言い過ぎか。
マンゼの、ノン・ヴィブラートによるヴァイオリンは艶やかでふくよかであり、さらに切れ味がよさが光る。
HWV359aはフルートソナタでも知られていて、好きな曲。バルトルド・クイケンの演奏は、心の奥底から絞り上げたような叫びの激しさがあったが、こちらはしっかり理性が行き届いた音楽になっている。抑制された哀しみがにじみ出る。
作品1の12は、勢いの良さに加えて典雅な雰囲気がいい。
ヘンデルのヴァイオリン・ソナタには、スークによる味わい深い名盤がある。この生きのいいマンゼ盤も捨てがたい。曲目の多さではこちらが優る。


1998年11月、カリフォルニア、スカイウォーカー・サウンドでの録音。
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー