忍者ブログ

ベイヌムのブルックナー「交響曲第8番」

2009.05.05 - ブルックナー

bruckner

ブルックナー交響曲第8番 ベイヌム指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管


横浜球場で野球を観る。
横浜対中日。最下位争いではあるが、見ごたえのある投手戦となった。
9回まで2時間20分のスピード試合だったが、延長11回までもつれた。

yakyuu

横浜先発は小林。期待の若手。今日は8回まで1失点無四球の好投。


yakyuu

スターティングメンバー。中日の川井は9回を投げて1失点、これも無四球。


yakyuu

遠くてわからないが、内川。先制のきっかけとなる2塁打を放つ。


yakyuu

これも遠くてわからないが井端。守備機会が多く、危なげのない守りぶりを堪能させてくれた。同点のホームランも。


yakyuu

スタンドから見上げるランドマークタワー。



ベイヌムのブルックナーは剛直。
全曲で72分は、多くのこの曲の演奏の中で速い部類に属すると思うが、聴いてみるとさほど速い感じはしない。じゅうぶんに音が鳴っていて細部がキッチリ聴こえるところから、スケール感が豊富だからそう感じるのかもしれない。
テンポの揺れは少なく、直球主体に組み立てている。かといって一本調子ではなく、強弱の抑揚がほどよくきいていて、手ごたえがしっかりしている。
楽器間のバランスがいいのは、このオーケストラの持ち味であるし、指揮者のリードが的確であることも影響しているのだろう。
終楽章でベイヌムが変化をみせる。冒頭の直後に炸裂するティンパニがリタルダンドをかけている。
少しずっこけそうになったが、その後はいままで通りに淡々と流れていく。あれは何だったのか。微妙なスパイスである。

1955年6月、アムステルダムでの録音。

PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます〜

出ましたね、横浜戦の観戦
何度か行かれていますよね、ブログで拝見したように思います〜。横浜球場、大きいですよね〜。

ベイヌムの演奏、私もかなり集めています。
このブルックナーの8番、何度か聴いていたのですが、吉田さんに指摘されるまで、冒頭のティンパニのリタルダンド、気づきませんでした。
なかなか藝が細かいですよね〜。
これがステレオ録音だと、どれほど良かっただろうかと思いますね〜。モノラルでも十分ですが〜。

ミ(`w´彡)
2009.05.06 Wed 06:16 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、おはようございます。 - 管理人:芳野達司

いつもコメントをありがとうございます。

行ってきました横浜戦。
いまひとつ元気のない両チームですが、試合はなかなか白熱していました。
この日は日差しが強くて、日焼けしてしまいました。

ベイヌム、この演奏もrudolf2006さんの記事を読んで購入したものです。
予想通り、いいものでした。テンポの速さはシューリヒトを思わせますが、あれよりも洗練されているように感じました。
楽器の鳴りっぷりがいいですね。録音は悪くないですが、ステレオだったらさらに素晴らしかったかも。
剛球一本で勝負する投手のような、スガスガしさがあります。
ベイヌムのCDも、少しずつ集めていこうかと思います。
2009.05.06 09:32
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー