忍者ブログ

ウゴルスキ、ブラームス"ピアノ・ソナタ3番"

2018.02.11 - ブラームス

ma



ウゴルスキのピアノで、ブラームスの「ピアノ・ソナタ3番」を聴きました(1995年6月、ベルリン、イエス・キリスト教会での録音)。


この曲は1853年に作曲されました。ブラームスが20歳ころのときです。
ここからは青春の、いきり立った業火のような情熱を聴くことができます。演奏によっては、暑苦しくて押しつけがましい(それもまたいいのですけどね)ものになりますが、ウゴルスキのピアノはとてもクールであり、ある意味醒めているように感じます。
若さゆえの、わけのわからぬ憤怒が爆発するようなスケルツォも、彼の手にかかると、あたかも水晶のような透明感のある淡い情感に彩られます。

ちなみにこの曲、ゲルバーの演奏は約35分、カッチェンのが約38分に対して、ウゴルスキは約47分かけています。それでも重く感じないのは、演奏そのものが明晰なことに加え、明るいトーンの録音がきいているのでしょう。







ma
 
パースのビッグムーン。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9 10
14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー