忍者ブログ

きよし、オピッツ、ブラームス"3番"

2015.12.02 - ブラームス

ma
 

近所かどうかギリギリだけど、散歩道の山吹町にあるラーメン屋「きよし」の煮卵ラーメン。
長浜のようなとんこつラーメンにはストレートの細麺が合うが、とんこつ醤油ラーメンには、太くて縮れたものも合うようだ。
ラーメン店はせわしないのであまり足を運ばないが、たまに無性に食いたくなる。


ma
 


オピッツのピアノで、ブラームスのピアノ・ソナタ3番を聴く。

この曲に魅せられたのは、10年ほど前。なんの予定もない日曜日の昼下がり、退屈しのぎに聴いたのは、ツィメルマンの来日公演のエアチェック・テープ。しばらく聴いて「なんなんだ、これは」と驚愕した。
エアチェックしたのは、それからさらに十何年も前のはずだったから、ツィメルマンはけっこう若い頃のものだったろう。ライヴならではの臨場感に溢れたピアノである。
もちろん、まだ大事に持っている。

ブラームスはこの曲を作ったのは、20歳前後の頃。だからと言うわけではないが、この曲を聴くと思いだすのは、坂口安吾である。めったやたらといきりたっていたり、その反面おそろしくナイーヴなところがあったり。そんな随筆である。わたしはこのソナタを、安吾の「暗い青春」に見立てている。青春は決して明るくない。生きる意味とはなんなのかわからなかった。まあ、今もわからない。今の生活もたいして楽ではないが、あの頃はもっとずっと痛切だったような気がする。語り尽くせないほどに、たくさんの不備があったのである。
あなたはそうではなかったか。わたしは、そうだった。

オピッツのピアノは、素晴らしい。痒いところに手がしっかりと届いて、労わってくれる。激しい部分は極度にラディカル、緩徐楽章は濃厚で夜の帳が濃い。激しい部分も、穏やかな箇所も、のたうちまわっているよう。オピッツみたいないわゆる正統派のピアニストがこの曲をやると、ときにとんでもないことになるが、このピアノもとても聴きごたえがある。
ここに彼の青春を見ることは、あながち穿ったみかたではあるまい。


1989年7月、ノイマルクトでの録音。





ma
 
仲良し。





重版できました。




「ぶらあぼ」4月号に掲載されました!







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー