忍者ブログ

ケーゲルのビゼー 組曲「アルルの女」

2007.05.20 - ビゼー
kegel


近所のスーパーで「豚のどなんこつ」なる商品を見つけた。

肉1

ネジのわっかみたいな形をしていて、それが何十何百と入っている。この1パックが何匹の豚から採取されているのか良くわからない。
レストランでも見たことがなく、とても安いので買ってみた。このスーパー、ときどき妙なものを突発的に陳列するので見逃せない。
塩、胡椒、醤油で炒めてみる。

肉2

肉の大きさは、直径約1㎝から5㎝。大きいほうの肉は、正直言ってかなり歯ごたえがある。奥歯でガリガリやらないと噛み砕けない。酒のつまみにはいい、ご飯にも合わないことはないけど、ちょっと堅いようだ。



ケーゲルの「アルルの女」は、ご存知のかたもおられると思うけど、音楽評論家の許光俊が絶賛する演奏である。「うつろ」であり、「ゾッとする」と評している。私はそれを読んでとても興味をもったので、再発売されたときに購入して何回か聴いてみたけれど、あまりそういう感触はない。
確かにオケの響きは明るいわけではなく、しっとりとしているけれど、中くらいの色ではないだろうか。
ケーゲルの鳴らせかたも、特殊なことをやっているようには思えない。ちょっとテンポが遅い部分はあるけれど、それがとりたてて「うつろ」とは感じられないのだ。例えばインテルメッツォのトランペットなんて、ムード音楽顔負けのヴィヴラートを効かせていて痛快である。ファランドールも充分に熱狂的。
CD評の多くは印象批評だから、どうしたって自分の感覚に頼るところが大であり、評論家と自分の意見がまったく違うことも当然にしてあるわけで、それは普通のことなのだ。しかし今回は、人が暗いという音楽を普通に聴くということにおいて、自分はクラいのではないかと怪しんでしまうので複雑ではある。いや、そうではなくで鈍感なだけかもしれない。。
全体的にはこのケーゲル盤、とても落ち着いた安定感のある演奏というように感じた。

第1組曲
Ⅰ プレリュード
Ⅱ メヌエット
Ⅲ アダージェット
Ⅳ カリヨン

第2組曲
Ⅰ パストラル
Ⅱ インテルメッツォ
Ⅲ メヌエット
Ⅳ ファランドール
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - Niklaus Vogel

吉田さん、こんばんは!
「アルルは絶対ダブるから外そう…」と思っていたにもかかわらず、これまでまったく登場しなかったので「目論見が外れた」と悔しがっておりました(爆)。
感覚論は当たればブライアント並のホームラン、外れると門田並の三振…。これゆえに私は専門家の評を読まなくなってしまったのかもしれません…。
吉田さんのエントリーに刺激を受けて、就寝前に第1組曲を聞いてみます!
2007.05.20 Sun 23:35 URL [ Edit ]

Re:Niklaus Vogelさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。
「アルル」は皆さんがこれまで書かれていなかったので、聴くことにしました。とはいっても、ウチには組曲のCDが思いのほか少ないため、凝りようがないというのが現状であります。
あとはダブるか、超有名曲になるかと。
ブライアント、門田。おお、なつかしいですね!
2007.05.21 06:46

無題 - ruiros2019

これはG線上のアリア、アルビノーニのアダージョにつづく許氏絶賛の3点のうちのひとつですね。
宇野氏絶賛のヴァント/BPOのブルックナーほどじゃないですが、まったくひいてしまったうちの一枚といってよいでしょう。
宇野功芳、福島章恭、鈴木淳史、許光俊等の書籍は通勤・通学時の頭休めに読み飛ばす価値しかないと結論づけられます。
ただし、朝比奈の晩年のブルックナーのいくつかにはわたくしかなり、重度に嵌りきっております。
2007.09.07 Fri 13:07 [ Edit ]

Re:ruiros2019さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメント、ありがとうございます。
許氏絶賛のケーゲル・シリーズですね。彼の批評が気になって購入しました。
ヴァント/BPOのブルックナーは宇野氏絶賛でしたか。私は実は彼の「第8」があまり好きではなく、それでヴァントのブルックナーをあまり聴く気にならないのです。

>宇野功芳、福島章恭、鈴木淳史、許光俊等の書籍は通勤・通学時の頭休めに読み飛ばす価値しかないと結論づけられます。

同感です。多くの見知らぬ読者に対して、よくあれだけ独断を押し通せるものかと感心します。スゴイ根性ですよね。それでも「読み飛ばす価値」があるのは、文才なのでしょう。
朝比奈のブルックナーは、生でも何度か聴きましたが、個人的にはヴァントよりずっと気に入っています。
2007.09.08 10:39
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー