忍者ブログ

フルニエのバッハ「無伴奏チェロ組曲第3番」

2007.01.10 - バッハ

フルニエ

ピエール・フルニエ/バッハ無伴奏チェロ組曲


今日はベートーヴェンは休み。
その代わり、というわけではないし関連もないが、通勤の音楽はバッハ漬けであった。
ヴァイオリンのパルティータ、ピアノのパルティータ、トッカータとフーガ、前奏曲とフーガ、などなど。バッハの曲はこうして書いてみるとややこしい。実は何の曲だが正確にはわからない。
まあ、その大雑把さを許してくれるのがバッハのいいところである(?)。
最近、通勤時間にCDを聴いているが、電車の中ではバッハを含めたバロック音楽やそれよりもっと古い音楽が似合う。強弱の差が小さいので、周囲の雑音と調整をし易いのである。
逆に、ロマン派以降は難しい。ワーグナーとかマーラーを電車で聴くと、フォルテッシモの部分しか聴こえない。
私は長距離通勤なので、聴こうと思えば往復で「ヨハネ受難曲」全曲を毎日聴くことができる。嬉しいんだか悲しいんだか。…これは悲しいことだ。音楽はできればコンサートホールか、家で聴きたいものだ。ホントに疲れた。

フルニエのバッハは味わい深い。音質は淡白であるが、深い。抑揚は中くらいであるが、心に染み渡る。
彼は1906年にパリで生まれた。昨年が生誕100年だったことになる。
1961年の録音で、やや色褪せているが、それを許してくれそうなのがバッハのいいところなのだった。
今日は電車とお外で2回半聴くことができた。それがいいのかどうかはともかくとして。



★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム




PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます。

通勤時間、長そうですね;;
その時間を有意義にって、なかなか難しいですね、私は車で通勤していますが、車の中では、オペラが良いですね、声はかなり聞こえます。確かに、ロマン派以降の曲は、聞こえないところがありますね。

フルニエのチェロ、良いですね、暖かい音色で。私はフォーレの曲は、フルニエです。
ミ(`w´)彡 
2007.01.12 Fri 06:06 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

通勤時間、長いんです。毎日涙をこらえて通っています。
車の通勤はいいですねー。カーステを聴きながら通えるなんで羨ましい。理想を言えば、歩いての通勤が一番いいのですが、なかなかそうもいきません。
フルニエのチェロは、自然体なところがいいです。確かに暖かい音色を感じます。
2007.01.12 17:40

無題 - リベラ33

これは僕の「無人島の一枚」です。一枚だけあの世に持っていっていいと言われれば迷わずこのディスクを選びますね。
2007.01.12 Fri 17:07 URL [ Edit ]

Re:リベラ33さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

>これは僕の「無人島の一枚」です。
こういう名盤を、あろうことか通勤で聴いてしまいました(!?)。
その夜は、自宅に帰って再度聴きなおしましたが、これは味わい深い曲と演奏です。
2007.01.12 17:42
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー