忍者ブログ

"杉林そのほか"、ロストロポーヴィチ、ドヴォルザーク"チェロ協奏曲"

2012.11.04 - ドヴォルザーク

do


ドヴォルザーク「チェロ協奏曲」 ロストロポーヴィチ(Vc) 小澤指揮ボストン交響楽団



永井龍男の「杉林そのほか」を読む。

娘二人を嫁にやってもてあましている老夫婦。なにかと理由をつけて娘と合うことを楽しみにする妻。それを横目で観ながら感慨にふける夫。
上の娘が家を出るときの会話がいい。

娘「永い間、ほんとにありがとうございました」
父「どうも、なんのおかまいも致しませんで」

淡々とした振る舞いがいい。日本的な情緒を感じさせるところ、まるで小津安二郎の映画を観ているような風情がある。










ロストロポーヴィチのドヴォルザーク「チェロ協奏曲」を聴く。
「これが最後のドヴォルザーク」と宣言して録音したことで有名。

演奏はカラヤンやジュリーニと録音したものよりも肩の力が抜けており、全体的に余裕が感じられる。そのぶん、ちょっとスリムな弾きぶりになっているようだ。テクニックは万全。

小澤のオーケストラは、チェロにぴったりと寄り添っており、伴奏の役目をきっちりと果たしている。ホルンの響きが美しい。全体的には、相変わらず良くも悪くも小ぶりな楷書書き。2楽章における細やかさは見事。終楽章のヴァイオリンソロは若干硬めだが気迫がある。

とはいえ、ロストロポーヴィチが録音した数ある録音のなかでは、おおらかでかつ情熱的なジュリーニ盤にとどめをさしておいたほうがよかったのじゃないかと思う。



1985年12月、ボストン、シンフォニー・ホールでの録音








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー