忍者ブログ

フリッチャイのチャイコフスキー「第4」

2006.06.20 - チャイコフスキー
おとといは父の日。

息子と散歩をしていると、回る寿司屋があった。
「とうちゃん、寿司食いたい」
「ごちそうしてくれるのか?」
「…割り勘で、どう」
ということで、なんとなく寿司屋はやめ。
中途半端な時間だったし。
結局プレゼントはなし。

世間では、母の日はともかく、父の日を軽くみる傾向が
あるようだ。
そうだろうなあ。
父本人も、わりと気にならないものである。



フリッチャイ

チャイコフスキー交響曲第4番/フリッチャイ


フリッチャイ指揮のチャイコフスキー交響曲第4番を聴いた。
1950年のモノラル録音だが、音は悪くない。
ここでのフリッチャイは、自由奔放だ。それがわざとらしくなく、
音楽にハマっているので、大変な高揚感がある。
風貌も含めて、「フルトヴェングラーに似ている」説は正しい
ような気がする。
特に両端楽章では、テンポの変化が大きく、感情を前面に出した
解釈をしている。
フィナーレの結末では、アッチェレランドでオケを煽りまくるが、
ベルリン放送饗はそれにひるむことなく、重い響きできっちり
ついていく。
たいしたオケだと、今更ながらに思う。
地味だけど。

このCDにはボロディンの「ダッタン人の踊り」と「中央アジアの
高原にて」も収録されていて、こちらはオケはベルリン・フィル。
1952年のモノラルだが、チャイコフスキーのあとに聴くと、あたかも
ステレオのように音がいい。
というより、へたなステレオ録音よりも、透明感がある。
ここでも指揮者は激しい感情を吐露している。ベルリン・フィルの
めくるめく名人芸が光る。



★古典音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

★にほんブログ村 クラシックブログ
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 6
8 10 12
15 19
21 23 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー