忍者ブログ

"蛇を踏む"、ダヴァロス、スメタナ"わが祖国"

2013.09.28 - スメタナ

ma
 



川上弘美の「蛇を踏む」を読む。

これは、蛇を踏んでしまった女性に、蛇が女の形となってとりつく話。
仕事を終えて家に帰ると、女が食事を用意して待っている。
ほうれんそうのごまよごし。昆布と細切り人参のあえもの。さわらの西京漬け。えびいも。白胡麻のかかるしらす飯。
飯を食っている間、わけのわからぬいちゃもんをつけられるが、こんな食事を作ってくれる蛇なら悪くない、と女はかすかに思っている。
ストーリーに意味はないが、なんだかほんわかとさせられる。暖かい話だ。










ダヴァロスの指揮でスメタナの「わが祖国」を聴く。

彼は1937年生まれたイタリアの指揮者。家系は「ナポリ史を彩ったたいへん由緒のある名家」と言われているらしい。フランコ・フェラーラやチェリビダッケに師事していたが、主に作曲活動に専念していたため、指揮者としての知名度は低かった。しかし80年代半ば頃よりレコーディングに力を入れ始め、にわかに注目されるようになったとのこと。私はこの指揮者を初めて聴いた。

結論を先に述べると、この演奏は大変素晴らしい。「わが祖国」といえば、ライヴではクーベリック/チェコ・フィル(東京公演)、セッションではクーベリック/ボストン響が双璧と思っていたが、後者にひけをとらない出来である。
なにしろ丁寧だ。どの音もないがしろにしていない。じっくりと熟成された芳醇なブランデーのような香り。
冒頭のハープは夢のように美しい。弦楽器はしっとりと繊細にうねる。ピッコロは高らかに飛翔する。ファゴット、オーボエのキレのいいこと。トランペット、ホルン、トロンボーンは柔らかく深い。

どの章もまんべんなくレヴェルが高い。この曲はやっぱり全曲を通して聴くべきだ。あらためて思う。



フランチェスコ・ダヴァロス(指揮)
フィルハーモニア管弦楽団



1992年8月、ミーチャム、聖バーナバス教会での録音。











ma


スメタナの本屋。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー