忍者ブログ

インバルのストラヴィンスキー

2006.05.15 - ストラヴィンスキー
エリアフ・インバルは日本フィルの客演として70年代から
たびたび来日しており、昔からわが国で親しまれてきた指揮者です。

彼が一気にブレイクしたのは、ブルックナーの「第1稿」
シリーズを披露してからだったかと思います。
フランクフルト放送饗との「第8」をFMで聴いたときは、
驚きました。

「曲は変だが演奏はいい。」

この曲を聴いてから、小生の中では、このヒトはなんだか複雑な
ことをやる指揮者、という位置づけになりまして、それは今も
変わりません。

そうこうするうちに、ブルックナーからマーラーへとレパートリー
を開陳していき、マーラーの全集を完了した後も、
ショスタコーヴィッチやブラームス、ベルリオーズの全交響曲、
ラヴェルの管弦楽曲全集、といった仕事を仕上げて今日に至っています。

というわけで、今日はストラヴィンスキーを聴きました。


インバル

インバル/フィルハーモニア管


まず「春の祭典」。

副声部が明瞭に聴き取れます。普段は前面にでてこないメロディーが
出現して(「敵対する部族の遊戯」)、はっとさせられます。
「選ばれた乙女への賛美」は躍動するリズム感が迫力満点だし、
フィナーレの盛り上がりもかなりのもの。
最強音でもヒリつかない録音もいい。

悪いところは、これといってないのですが、あまり新味は
感じられませんでした。
ブーレーズとドラティが確立したハルサイの解釈を
超えていないような…気がしました。


そして「ペトルーシュカ」(1911版)。

副声部を浮き立たせることにより、音楽に立体感と色彩感を
もたせており、鈴などの打楽器を派手に鳴らしていて、
にぎやかで華やか。

幕間のティンパニの連打も、それぞれの差異を明確にしていて、
劇的なメリハリを感じます。

楽器間のバランスを指揮者がうまくとっているようで、
フィルハーモニア管の響きに艶があって気持ちがいいです。
インバルとは相性がいいのかも知れません。
これは、かなりいい演奏でした。


★人気音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

★にほんブログ村 クラシックブログ
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー