忍者ブログ

"前田の美学"、ブレンデル、シューマン"ピアノ協奏曲"

2013.09.22 - シューマン

ma



迫勝則の「前田の美学」を読む。

これは、広島カープの前田智徳の2000本安打への軌跡を描いたノンフィクション。
彼の入団当初の背番号は「51」で、彼に憧れを抱いていたイチローはそれで自身の背番号を51にしたというエピソードや、両足のアキレス腱を切っていたといった話は初耳だった。
内容そのものは、一ファンの思い入れがかった、贔屓のひきたおしみたいなところがある。ただ、野球が好きであればカープファンでなくとも、まずまず楽しく読めるだろう。
津田のエピソードが挿入されている。やはり泣かせる。これは、反則だ。












ブレンデルのピアノでシューマンのピアノ協奏曲を聴く。

この演奏、レコードの発売当初に図書館で借りて聴いたときは、特段印象に残らなかったが、今改めて聴くと、いい。

冒頭のやや引き延ばした和音も気にならないし、それに続いてオーケストラは基本的にレガートを多用しているが、それも納得できるものだ。
ブレンデルのピアノは濃厚。響きは厚めで、ロマンティックな香りがぷんぷんする。
そこに狂気は薄いものの、ロマン派前期の気だるさを惜しみなく発散している。ひとつひとつの音符に対して、深く心をこめて弾いていることがわかる。
アバドのオーケストラは、ピアノが目指している方向を的確に捉えている。
いい演奏である。


アルフレッド・ブレンデル(ピアノ)
クラウディオ・アバド指揮
ロンドン交響楽団



1979年6月、ロンドン、ワトフォードでの録音。













ma


スワン河。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー