忍者ブログ

関東の電車、ショルティ、「ライン」

2011.10.01 - シューマン

sch

シューマン 交響曲3番「ライン」 ショルティ指揮 ウイーン・フィル



ショルティが指揮するシューマンの「ライン」は、かなり面白い。
肩肘を張りまくってアクセントを強調するあたりは、いかにもシカゴ響就任前のショルティのスタイル。要所要所で放たれる金管やティンパニの打ちこみは目覚ましいほどに強烈で、むしろ清々しさを感じる。1楽章では普段あまり聴こえてこない副声部の木管がクッキリと前面に浮かび上がってくるのだが、これがけっこう泥臭く、ゴツイ。
速い部分においての元気溌剌ぶりに対して、彫りの深い詩情にも事欠かない。ピアノ協奏曲の間奏曲を思わせる3楽章では、まろやかな弦がほんの少しのポルタメントをきかせながらたっぷりと歌うくだりが素晴らしい。ちょっと胸がつまった。
ウイーン・フィルがいい。このくすんだ黄金色、「古き良き」という言葉がふさわしい。


1967年11月の録音。






甲府から八王子へ。
中央本線。

densha



八王子から立川へ。
中央線の快速。

densha



立川から府中本町へ。
南武線。
途中駅から乗ってきた男子高校生が、隣で冷やし中華を食っていた。

densha



府中本町から北朝霞へ。
武蔵野線。
「ギャンブル電車」の誉れ高いが、平日のせいか空いていた。

densha
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5 6 7 9
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー