忍者ブログ

日曜の夜に

2006.05.08 - シューマン
特に今回のような大型連休の最後の日曜は、
午後4時くらいから、気持ちがだんだん暗くなってきます。
なんで会社いかなきゃいけないのかなー、などと
思いながら、「サザエさん」を観て、夕ご飯を食べて、
ウィスキーなぞを呑みながらため息をつくのです。

一昔前は、日曜洋画劇場のエンディングの
「ソー・イン・ラヴ」(曲:コール・ポーター)を聴いて、
これが日曜の夜のロマンというものだ! とわけのわからない
ことを自分に納得させていたのですが、淀川さんの逝去と
ともに音楽が代わり、寂しくなりました。

そもそもこの曲はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番に
そっくりだったので、じゃあラフマニノフ聴けば
いいじゃないかと思って聴いたところ、案の定、なかなか
ピッタシきました。しかししかし、やはり、この類の
音楽は、淀長の語りのあとに聴きたい…と。

そういうわけで、日曜の夜の音楽は、シューマンに
決定。

ミケランジェリの「謝肉祭」にするか迷った結果、
これを今、聴いています。

ホロヴィッツ
シューマン/子供の情景、アラベスク、幻想曲

ホロヴィッツ。この世で一番ピアノのうまかった男。
シューマン。最も狂気を孕んだ作曲家。

「子供の情景」の冒頭から、幻想の世界にひきずり
こまれ、最後のトロイメライまで後戻りできません
(このCDには62年録音の「子供の情景」、それとは
別に65年録音のトロイメライが最後に収録されている)。

このコンビの音楽を聴けば、会社とか学校とか、
俗世間の雑事は吹き飛びます。
ピアニストも作曲家も、日曜の夜がいやでいやで、
深夜まで音楽をしてて、そして月曜日のあらゆる約束事を
ほっぽらかしていたのかも知れません。

…勤め人じゃないのだから、そんなわけはないですね。

★人気blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

PR
   Comment(0)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →

シューマン 子供の情景 Op. 15 他

モーツァルト漬け、歌漬けの1週間が終わりました。  で、これだけ「古典系」の音楽にどっぷりと浸ると、KiKi の場合、やっぱり聴きたくなってきてしまうのがロマン派の音楽です。  しかもピアノ曲♪  てなわけで今日の KiKi の BGM はこちらです。 シューマン トッカ..
落ちこぼれ会計人の Music Diary 2006.05.11   09:58
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー