忍者ブログ

チャイコフスキー 交響曲第5番 セル/CO

2006.05.09 - チャイコフスキー
ジョージ・セルの音楽のすがすがしさが気に入っています。
モーツァルトやベートーヴェンを愛聴してきましたが、
許光俊氏が著書でチャイコフスキーの交響曲第5番を
絶賛していたので、聴いてみました。

切れがあり、それでいてほのかにコクのある弦楽。
ホルンのまろやかな響き。
軽やかに歌うオーボエとクラリネット。
録音もドライすぎず柔らかすぎず、ほど良いお味。

合奏はいつも通りピッタシ揃っており、チャイコフスキーの
憂愁が淡く感じられる名演。

ところが。

聴こえてしまいました。
終楽章の最後のファンファーレで。
金管と木管と弦が重なり合って、とうとう頂点に達したときに
バシッと鳴らされるシンバルを!

この時代の指揮者は、時折こうした改訂をするヒトがいますが、
セルもやっていたかー。
チャイ5については10種を超える演奏を聴いてきましたが、
ここでシンバルの1発を叩き込んでいるのは初めて聴きました。
メンゲルベルクとかはやっているのかな?

こうした事件(?)をあまり評論家諸氏は書かないことが
多いような気がします。まあ、この1発で演奏の価値が下がる
わけではありませんけれども。

でもちょっぴり、トンデモのような…?。


セル
セル/クリーヴランド管弦楽団

許光俊 「世界最高のクラシック」



★人気音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー