忍者ブログ

ベートーヴェンの根性

2006.05.08 - ベートーヴェン
ベートーヴェン以前の音楽家たちは、貴族のパトロンとして
生計をたてていました。
今で言う、料理人とか庭師みたいなものでしょうか。
彼も勿論、貴族や金持ちとのつきあいはありましたが、
気に食わない相手に対しては、露骨に反抗したようです。
文豪といわれるゲーテは当時の文部大臣でしたが、
たまたま道で出会ったとき、ゲーテは挨拶したのですが、
ベートーヴェンは完全にシカトしたそうです。
なにが気に食わなかったのか…。
ともかく、ベートーヴェンはお抱えの音楽家としてではなく、
出版社に楽譜を売ったり、演奏会の報酬のみで生計を立てた
第1号のヒトといわれています。
大仰で超攻撃的な交響曲を聴けば、その人となりがわかる
気もしますが、反面、優しくて癒される音楽も大量に
残してくれました。
そのひとつ、ピアノソナタ第30番ときたら…。
特に冒頭は、桜の花びらがはらはらと散る様にせつなく、
悲しげな音楽です。
これがあればつまみなしで焼酎を浴びるほど飲めます!

★ベートーヴェン ピアノソナタ第30番
硬派リヒテル
老熟バックハウス
真っ当グールド
伝統グルダ

★人気blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集
  
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー