忍者ブログ

"うらおもて人生録"、シフ、シューベルト"17番"

2013.02.03 - シューベルト

sc

シューベルト ピアノ・ソナタ17番 アンドラーシュ・シフ(Pf)



色川武大の「うらおもて人生録」を読む。
これは若者向きに書かれたエッセイであると思われるが、ワタシのような中年にもたくさんの示唆を与えてくれる。

「空襲で炎に包まれる、なんてことは、皆で一緒に不幸になる式のことで、孤立にくらべれば、リクリエーションみたいな感じさえするくらいなんだ」。

これは著者の戦争体験からの話。みんなが自分と同じ境遇であれば、それは孤立ではない。孤立は日常生活のなかにいつも潜んでいる。










シフのピアノでシューベルトのピアノ・ソナタ17番を聴く。

シフは実演を一祖聴いたことがあるけれど、その時は縦横無尽にテンポを変化させて抑揚の激しい演奏をしたという記憶がある。「ハンマー・クラヴィーア・ソナタ」だった。

そういうイメージが強いので、ここでも変化球を混ぜてくると予想したのだが、少しはずれた。
強弱の変化は微妙につけているものの、テンポは基本的には直球で押している。とてもオーソドックスで、自然体のピアノだ。

だからなのかわからないが、この演奏からは、シューベルト独特の孤独の匂いよりも、友人たちと談笑しているような、そんな暖かい手触りを感じたのだった。




1992年11月、ウイーン、ムジークフェライン・ブラームス・ザールでの録音。












PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

お早うございます〜 - rudolf2006

ポンコツスクーターさま お早うございます〜

お久しぶりです、もう2月ですね、早いですね
私も同じ本、何度も買っていますよ〜爆〜
「孤独」って一人のときではなく、他の人と一緒にいるときに感じることが多いような気もしますが〜

シフのピアノ、ボックスで最近聴き始めています
ベトベンのコンチェルトが主なものですが、なかなかの演奏ですね〜
ミ(`w´彡)
2013.02.07 Thu 10:35 URL [ Edit ]

rudolf2006さん、こんばんは! - 管理人:芳野達司

ご無沙汰しております。

2月ですね、寒い日が続きます。
色川さんの本、読んでおられるのですね、若者向けの本のようですが、中年の我々が(?!)読んでも多くの示唆を与えてくれますね。

シフのピアノ、なかなかよいですね。
なかではベートーヴェンが好きです。とても自由に、のびやかに演奏しているように思えます。
現代を代表するピアニストの一人だと思います。
2013.02.08 22:04
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー