忍者ブログ

C・デイヴィスのシューベルト「交響曲第2番」

2007.11.07 - シューベルト
schubert

シューベルト 交響曲全集 C・デイヴィス指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団


今まで聴いたことのない音楽を自分にとって新曲とするならば、この新曲はここ数年間で最大の収穫のひとつだ。
第1楽章の冒頭の、金管と木管とティンパニが溶け合うところからして魅せられた。
メロディーは若々しくて、大胆。今まさに地上に生まれてきた若芽のような新鮮さが満点。
第2楽章は、完全に「八重奏曲」の世界。メロディーの美しさがはかなすぎる。シューベルト・ワールドが全開だ。10回繰り返し聴いても飽きない深さもある。
第3楽章の暗い情熱の迸りも聴きのがせない。ハイドンを思わせるところもあるが、トリオの歌いまわし、特にホルンや木管の合いの手は、上機嫌なシューベルトの明るい表情がいっぱい。
終楽章は、プレスト・ヴィヴァーチェ。めくるめく速さと切れ味が、発熱するくらいに熱狂的だ。

コリン・デイヴィスの演奏は、相当いい。シューベルトの悲しさとか楽しさといった表情を余すところなく描きつくしている。オケは素晴らしいとしか言いようがない。ことにフルート、クラリネットの濃い響き、ティンパニの皮の音、そして終楽章においてイキイキと跳ね回る弦楽器。
ここには、クラシック音楽を聴く醍醐味がある。(酔っ払いの戯言だけど)聴いたことのない方は、ぜひ聴いてみてほしい。
PR
   Comment(3)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんばんは

シュベルトの2番、シュタインさんの全集で聴いていて、ブログに書いているはずと思っていましたが、まだ書いていませんでした、それに曲を忘れてしまっていました、爆~。
今、聴きながら、このコメントを書いています。1楽章からシュベルトの世界ですね~。
良いですね~ 聴いていなかったのか、あまり同じ演奏ばかり取り上げているので、止めたのか、分かりませんが、良い曲ですね。ハイドンの世界に近い感じがしますね。
シュベルトの全集、スイトナーさんのもありますし、ブロムシュテット、ムーティもありますね。このディヴィス盤も良さそうで、もう一つ欲しくなりました、爆~。

ミ(`w´)彡 
2007.11.07 Wed 23:03 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、おはようございます。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

シューベルトの2番、このたび初めて聴いたのですが、ツボにはまってしまいました。全部が腑に落ちるというか、しっくりくるのですよ。
今まで聴いてこなかった後悔よりも、今でもこういう新鮮な感じになれる曲があることがうれしかったですね。

有名ではないなかにも、いい曲があります。また、できたら記事にしたいと思います。
シュタイン、スイトナー、ブロムシュテット…。こうなるといろいろ聴き比べたくなりますねー^^
2007.11.08 06:48

無題 - ruiros2019

昨日より2連休のため予てより行こうと思ってた、上野・ムンク展に出かけました。ついでに秋葉石丸に由ったので、吉田様が掲出された輸入全集を購入しました。石丸のポイントが給っていたのでお金はかかりませんでしたが、なんとこの4枚組は1,580円(1枚395円)也と訳が解らないほどお買い得ですね。もっともザ・グレートは国内盤とだぶりましたけど。
Doblogさんの方にも書き込みましたが、これも最上の演奏・録音ですね。
2007.11.08 Thu 18:35 [ Edit ]

Re:ruiros2019さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。
ムンク展、やっていますね。最近は美術館はとんとご無沙汰です。平日は比較的空いてそうで、よいですね。

購入されましたか^^
これ、いいですよね。
今年聴いたCDの中で、間違いなく3本指に入ります。
それにしても石丸も安いですね。私はHMVでしたが、石丸のほうがいくらか安いと思います。
内容を考えれば、激安としかいいようがありません!
2007.11.08 19:35

無題 - neoros2019

最近ブックオフでみつけたサヴァリッシュのシューマンを聴いて
こんなにもドレスデン・シュターツカペレって良かったか?と思い昨晩このデイヴィスのザ・グレートを聴きました
本当にまったくこのオケの音色、響きもしくは聖ルカ教会の残響は麻薬ですね
HMVのあるレヴューにベルリン、ウィーンフィルも要らない、指揮者ですらもうどうでもいいからずっとこのドレスデンの音色に浸っていたいと言う人まで現れる始末です
この同じ組み合わせでベートーヴェンの全集5枚セットをリサーチしたらどうやら品切れになってしまっているようです
2010.03.23 Tue 11:47 [ Edit ]

Re:neoros2019さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

サバリッシュのシューマン、LPを聴いています。あのサウンド、たまりませんね。弦のつややかなこと、ティンパニの皮の響きがよいのです。
デイヴィスのシューベルトは、あまりに廉価だったもので過度な期待はしていませんでしたが、どれもすばらしい。
指揮もよいうえに、ドレスデンの音色はほかに代え難い魅力があります。ウイーンとはまた異なるものですね。録音もいいのでしょう。
2010.03.24 23:53
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー