忍者ブログ

F=ディースカウ、ムーア、"冬の旅"

2017.10.19 - シューベルト

ma
 



F=ディースカウのバリトン、ムーアのピアノで、シューベルトの「冬の旅」を聴きました(1962年11月、ベルリン、ゲマインデハウスでの録音)。


映画評論家の淀川長治は、映画を一度目に観るときは演出に、二度目は役者に着目して観ると語っていました。
ならばということで、「冬の旅」をそのように、つまり最初に歌を聴いて、二度目はピアノに注意して聴こうとしました。けれど、うまくいかなかった。歌のみを、うまく取り出すことができないのです。歌とピアノとがあまりにも緊密に連関しているためでしょう。逆も、しかり。両者を別々に聴けたならば、また違う感興があるかもしれません。

さて、ディースカウの歌は、「菩提樹」あたりまでは独特のクセを感じますが、以降はディースカウという固有名詞が抜けたような、ただただバリトンといった歌を聴かせます。もちろんうまいのですが、声質そのものが純粋と言っていいほど、バリトンそのもののようです。声が、曲に溶け込んでいます。
彼の「冬の旅」は1970~80年代のディスクも素晴らしいですが、録音当時30歳半ばだったこのディスク、やはり捨てがたい魅力があります。







ma
 
パースのビッグムーン。














PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー