忍者ブログ

シュライアー、シフ、シューベルト"冬の旅"

2017.05.02 - シューベルト

ma




シュライアーのテノール、シフのピアノでシューベルトの「冬の旅」を聴く(1991年8月、ウイーン・コンツェルトハウス、モーツァルト・ザールでの録音)。

テノールで冬の旅を初めて聴いたのはシュライアーで、伴奏はハンマー・クラヴィーアだった。昔、FMでエアチェックしたもので、今も大事にとってある。それを大学時代の夏休みに、男の友人と外房の海へ車で出かけたときにかけていたものだ。
とても、明るいとはいえない青春ではある。

そのあと、シュライアーはリヒテルとこの曲を録音した。リヒテルのピアノはとてつもなく風格があってすごいのだけど、シュライアーもリリカルな歌を聴かせてくれて。いろいろな意味で印象に残る演奏。

そして、これ。シフのシューベルトは、悪かろうはずがないわけで、それが冬の旅とくれば格別なもの。
とても、デリケートな演奏である。シフのピアノは微に入り細に入り、細部をないがしろにしない。ちょっと神経質な気もしないではないけれど、そのスタイルが一貫しているので、これは見識。
シュライアーは録音当時、50歳半ばであるが、相変わらず、透明なガラス細工のような歌を聴かせてくれる。それを保持しつつ、彫りの深い陰影を添えている。

そんな若々しい歌だから、最後の「辻音楽師」は、悲痛な叫びではなく、少年の紅を差した頬のよう。




ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー