忍者ブログ

プレヴィンのエルガー「エニグマ変奏曲」

2009.02.11 - エルガー

previn

エルガー「エニグマ」 バターワース「青柳の堤」、他 プレヴィン指揮ロンドン交響楽団


中島義道の「どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?」を読む。
人生は生きるに値するか?
カミュは「異邦人」で「ノン」と答えた。「二十歳のエチュード」の原口統三は自殺した。
ヒトは必ず死ぬものだから、人生は生きるに値しないとはいうものの、自分で自分の命を断つことは正しいのか?という問いに、著者は躊躇する。それは「周囲のものを悲しませるから」と、「直感的に怖いから」とのふたつの理由から。
この理由はとても大きい。学校や仕事がイヤだとか、あるいは人生は生きるに値しないと観念的に感じ取ったとかいうことがあっても、最後の一歩はなかなか越えられない。だから仕方なく生きている、ということを完全に否定することはときに難しい。
といいつつ、「死」を無視して世間を生きてみると、あれもこれもと欲張ってばかりいるのだ。


なぜか、長いこと課題になっている「エニグマ変奏曲」。
今まで、LPやCDでは、マリナーとコンセルトヘボウやショルティとロンドン・フィルの録音を聴き、実演ではショルティとロンドン・フィルの演奏を聴いたことがあるが、なんというか、どれもいまひとつはっきりしないのだ。親しみやすいメロディーがありながら、いまひとつ面白くない。
「エニグマ」は名曲なのか?
管弦楽のための変奏曲としては、ブラームスにも比肩するくらいよくできた曲であると思う。
曲のつながりに唐突感を感じるものの、楽想はとても豊かだ。それでも、なぜか私の腑に落ちないところがあるのはどのあたりなのか、これを説明するのは難しい。
その印象は、プレヴィンとロンドン饗の黄金コンビをもってしても、払拭できなかった。
この演奏、技術的に優れているし、柔らかな録音の感じもいいし、ほんわかとした暖かな佇まいからじんわりと滲み出る霊感にも不足するところのない、優れた演奏だ。
それにも関わらず、やはりもうひとつ音楽にのめりこむことができないのは、相性の問題なのだろう。

このCDの中では、バターワースの「青柳の堤」を気に入っている。「エニグマ」よりずっと肌に合う。
黄金色に輝く初秋の夕暮れの、淡い夢のような世界を、プレヴィンが丁寧に織り上げている。


1978年11月、ロンドン、アビーロード第1スタジオでの録音
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます

自分を殺人すること(自殺なんでしょうが)、難しい問題ですね〜。殺人よりも難しい問題かもしれませんね〜。でも、確かに、死んでしまえば楽になれる、という感情を持ったことがない人はいないようにも思えます〜。難しいです。

エルガー「エニグマ変奏曲」どういう訳か、私は2回も演奏したことがあります。オーケストレーションが上手く書けているということもあり、良く取り上げられるのかもしれません。難易度は意外に高いですね〜。
私も、イマイチ良く分かりません、まさに「エニグマ」です。私は、バルビローリの演奏しか聴いたことがないのですが〜。

パターワースの曲は聴いたことがありません。

ミ(`w´彡)
2009.02.12 Thu 06:25 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

いつもコメントをありがとうございます。

自殺の問題は難しいですね。古今東西、いろいろ議論はされていますが、これといった結論はないようです。

「エニグマ変奏曲」、演奏されたことがあるのですか。しかも2回も。
シロウトからみると、難しそうな曲に聴こえます。指揮をするのも難しいのじゃないかと想像します。
30年の間、たまーにですがこの曲を聴いてきて、面白さがわからないのです。
イギリス音楽はニガテな曲が多いです。
2009.02.14 18:07
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー