忍者ブログ

"オペラのひととき"、遠藤紗千、松岡幸太、河野真有美

2018.05.12 - 演奏会

ma



「オペラのひととき」に足を運びました(2018年5月12日、百人町、スタジオ・ヴィルトゥオージにて)。


遠藤紗千(ソプラノ)
松岡幸太(テノール)
河野真有美(ピアノ)


ソプラノの遠藤さんは、風邪をこじらせて歌を歌えない、というハプニングがありました。
でも、それを残りのふたりは、彼女の不在を補って余りあるパフォーマンスをしました。

当初のプログラムは、「愛の妙薬」、「仮面舞踏会」、「蝶々夫人」から、それぞれアリアとデュエットという構成でしたが、ここはテノールのアリア一本。
爽快でありつつ、熱狂的な輝かしい歌声を聴かせてくれました。

そのあとは、「トラヴィアータ」、「リゴレット」、「トゥーランドット」、から有名なアリアを披露。
後半は、カンツォネッタが中心。「フニクリ・フニクラ」や、「帰れソレント」、「オー・ソレ・ミオ」などを歌ってくれました。それはとても急場しのぎというものではなく、ライヴとして完成された素晴らしい歌唱だったと感じました。
テノールは、あたかもパヴァロッティのような、透き通った冬の青空のような歌声。

ピアノは艶があって、濃密な響きを聴かせていました。とくに後半は初見とのことでしたが、ソツのない以上の充実した演奏を聴かせてくれました。

大変なトラブルはありましたが、松岡さんの見事なMCを初めてとして、充実のコンサートさったと思います。









ma
 
パースのビッグムーン。










PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
7 8 10 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー