忍者ブログ

都民芸術フェスティバル、日本フィル、宮田大

2019.03.20 - 演奏会

ma



柴田真郁指揮 日本フィルのコンサートに足を運びました(2019年3月19日、東京芸術劇場にて)。

モーツァルト 「フィガロの結婚」序曲
エルガー チェロ協奏曲
ベートーヴェン 交響曲6番

目当ては宮田大さんのチェロ。
こう言っては失礼だけど、まさかこれほどいいとは。なんの引っかかりもないほどに技術は卓越しているし、フレージングの呼吸も深々としている。そしてなんといっても、なめらかで馥郁たる香りが立ち昇るかのような音色が素晴らしい。硬すぎず柔らかすぎない高貴な音はホールを満たし、それに包まれたささやかな時間は幸福でした。
昔に聴いたマイスキーよりも良かったと友人に話したら「それは言い過ぎ」と窘められました。でも、本当です。

柴田さんの田園は、オーソドックスなスタイルのなかに、ときおり強弱の変化をおりまぜており、それが上品なスパイスとなっていました。
日フィルは管が良かった。フルート、クラ、オーボエによる2楽章終わりの鳥のさえずりの場面では夢心地。ホルンも冴えていた。
弦はやや粗い感じ。アンコールのG線上のアリアで、ようやくみずみずしい響きを聴かせたが、時すでに遅し。











PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
2 3 4
5 7 8 9 10 11
13 15 16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー