忍者ブログ

石原妙子、中島郁子、ヴェルディ"アイーダ"

2017.03.10 - 演奏会

ma



石原妙子のタイトルロール、中島郁子のアムネリス他で、ヴェルディの「アイーダ」(演奏会形式)公演に行く(2017年3月9日、豊洲シビックセンターホールにて)。

歌手たちは、みんなパワフル。ホールは収容人数300人くらいの大きさなので、隅々まで声が響き渡った。
全体を通してレベルが高いものだったけど、敢えて言うなら、嫉妬と純愛との激しいせめぎ合いであるところの、二幕のアムネリスとアイーダの二重唱がとりわけ素晴らしかった。
アムネリスは、ふくよかで厚みがあり、肉感的。音程もいいけれど、声そのものがセクシー。このアリアの歌い終わりのところでは、体に電流が走った。ジュリエッタ・シミオナートを思わせる名唱。
アイーダは、透き通った直線的な声、そして凛とした気品に溢れていた。かといって線が細いわけではなく、舞台をリードするスケールの大きさもあった。技巧と力はラストまで安定しており、持続するスタミナはたいしたもの。

男声もみんなよかった。のびのびしており、力感に溢れた、非の打ち所がない歌だったように思う。
歌手同士の、音量のバランスも最適であるように感じた。

それからピアノ。アリアの伴奏部分の堅実さ。そして、ソロ部分である「凱旋のパラフレーズ」での確かなテクニック。危なげがなかった。最後まで、張り詰めるような緊張感を保っていた。

このメンバーによる舞台を観てみたい、と思わずにはいられない公演だった。


アイーダ:石原妙子
アムネリス:中島郁子
ラダメス:柾木和敬
アモナズロ: 藪内俊弥
ランフィス:田中大揮
王:狩野賢一
ピアノ:藤原藍子
お話し:山田亜寿香




ma








ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - John

Everone loves whhat youu guys are upp too. Thiis sott oof clever wokrk and coverage!
Keepp upp tthe asesome wkrks guys I’ve incdorporated yyou guyys to mmy personhal blogroll.
I coulpd nnot refrrain from commenting. Verry
weell written! I havee bewn browing online mmore than 3
hourfs nowadays, yet I byy noo eans discovered any fazscinating articlle like yours.
It’s lovvely prce sufficient for me. Personally, if aall webmaeters aand bloggers mqde good content materiazl
aas youu pprobably did, tthe weeb cann bee a llot mire usefyl thann ever before.
http://foxnews.co.uk
2017.03.23 Thu 01:35 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 9 11
13 14 15 17 18
20 21 23
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー