忍者ブログ

石原妙子、中島郁子、ヴェルディ"アイーダ"

2017.03.10 - 演奏会

ma



石原妙子のタイトルロール、中島郁子のアムネリス他で、ヴェルディの「アイーダ」(演奏会形式)公演に行く(2017年3月9日、豊洲シビックセンターホールにて)。

歌手たちは、みんなパワフル。ホールは収容人数300人くらいの大きさなので、隅々まで声が響き渡った。
全体を通してレベルが高いものだったけど、敢えて言うなら、嫉妬と純愛との激しいせめぎ合いであるところの、二幕のアムネリスとアイーダの二重唱がとりわけ素晴らしかった。
アムネリスは、ふくよかで厚みがあり、肉感的。音程もいいけれど、声そのものがセクシー。このアリアの歌い終わりのところでは、体に電流が走った。ジュリエッタ・シミオナートを思わせる名唱。
アイーダは、透き通った直線的な声、そして凛とした気品に溢れていた。かといって線が細いわけではなく、舞台をリードするスケールの大きさもあった。技巧と力はラストまで安定しており、持続するスタミナはたいしたもの。

男声もみんなよかった。のびのびしており、力感に溢れた、非の打ち所がない歌だったように思う。
歌手同士の、音量のバランスも最適であるように感じた。

それからピアノ。アリアの伴奏部分の堅実さ。そして、ソロ部分である「凱旋のパラフレーズ」での確かなテクニック。危なげがなかった。最後まで、張り詰めるような緊張感を保っていた。

このメンバーによる舞台を観てみたい、と思わずにはいられない公演だった。


アイーダ:石原妙子
アムネリス:中島郁子
ラダメス:柾木和敬
アモナズロ: 藪内俊弥
ランフィス:田中大揮
王:狩野賢一
ピアノ:藤原藍子
お話し:山田亜寿香




ma








ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー