忍者ブログ

日本IBM管弦楽団第23回定期演奏会

2014.05.29 - 演奏会

so



手塚幸紀の指揮で、日本IBM管弦楽団の演奏会を聴く。

ウェーバー 「魔弾の射手」序曲
ブラームス 交響曲3番
ベートーヴェン ピアノ協奏曲5番「皇帝」

この日の聴きものは、石井楓子のピアノ。
2013年の日本音楽コンクールの優勝者ということで、それなりの期待をしたが、それを上回る出来。
音はキーンと冴えて澄み切っており、ことに高音が綺麗。フォルテッシモでも濁らないあたりは、若い頃のアシュケナージを思い出される。
テンポは中庸で、強弱の変化も大きくない。淡々としているので、ピアノの音そのものの音色がより生きてくる。
大きく期待できる若手である。
オケもいいサポートを聴かせた。2楽章から3楽章にかけての経過句のホルンをバッチリ決めた。

ブラームスもいい演奏。ことにフルート、ファゴットを始めとする木管が冴えており、全体の演奏を引き締めた。
あまりに心地よく、4楽章で少し意識を失ってしまった。。

アンコールは、ショパンの「ドン・ジョヴァンニ」の主題による変奏曲。
初めて聴く曲だったが、わかりやすくて人懐っこい音楽。こうしたオケとソロとの音楽がアンコールでやられるのは珍しい。

「魔弾の射手」はやや弱めに奏されるホルンが肝になるわけだが、アマオケにあの個所は厳しいだろう。



2014年5月25日、東京、すみだトリフォニー・ホールにて。










PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー