忍者ブログ

ブルガリア歌劇場来日公演、プッチーニ、"トゥーランドット"

2018.10.09 - 演奏会

ma



ブルガリア国立歌劇場による、プッチーニの「トゥーランドット」公演に足を運びました(2018年10月8日、東京文化会館大ホールにて)。

総じて素晴らしい舞台でした。とりわけ、タイトル・ロールとカラフはよかった。前者は、鋭角的な声を惜しみだすことなく披露し、残忍な色を出すことに成功していました。声には宝石のような艶があったし、パワーにも不足していなかった。カラフも実に伸びやか、勝負の緊張感と求愛を、余裕をもって高らかに歌いあげていた。
リューは堅実な歌いぶり、演技もよかったけれど、琴線には触れなかった。
皇帝はけっこうよろよろ(それが役柄なのか)、ティムールは威厳があった。
ピン・パン・ポンは、真ん中のテノール(ピンか)が雄弁で素晴らしかった。
オケは、たまにラッパがしくじるくらいで、おおむね安定していました。指揮者は、まめに歌手に指示をだしているのが見えました。
演出はオーソドックス。安心して観ていられたな。



ガブリエラ・ゲオルギエヴァ(トゥーランドット)
カメン・チャネフ(カラフ)
ラドスティーナ・ニコラエヴァ(リュー)
スヴェトザール・ランゲロフ(ティムール)
ミロスラフ・アンドレエフ(トゥーランドットの父)
アタナス・ムラデノフ(ピン)
ニコライ・パヴロフ(パン)
フリミシール・ダニャノフ(ポン)

グリゴール・パリカロフ指揮
ブルガリア国立歌劇場管弦楽団・合唱団

プラーメン・カルターロフ(演出)










PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
7 8 10 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー