忍者ブログ

ヴィルヘルム・ケンプ、シューマン、"森の情景"

2018.10.06 - シューマン

ma



ヴィルヘルム・ケンプのピアノで、シューマンの「森の情景」を聴きました(1973年2月、ハノーファ、ベートーヴェン・ザールでの録音)。

この曲を初めて聴いたのは中学生のとき、図書館で借りたルービンシュタインのLPによりました。知っていた「子供の情景」と似た風合い、でも少しひんやりとした感触。このときはまだ、「予言の鳥」の神秘的な魅力をわからなかった。

ケンプの演奏は、リズム感がよくて、おおらかなもの。朧月のように、いくぶんくすんでもいる。それがくだんの「予言の鳥」になると、雲が晴れたように月が光彩を放ちます。怜悧で、かつ幻想的な夜の世界が広がり、いっとき浮世を忘れました。












PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー