忍者ブログ

バーリ歌劇場日本公演、"トロヴァトーレ"

2018.06.24 - 演奏会

ma

ma



イタリア・バーリ歌劇場によるヴェルディの「トロヴァトーレ」公演に足を運びました(2018年6月24日、東京文化会館にて)。

レオノーラ役のバルバラ・フリットリが降番。彼女が出演するからチケットを買ったわけではないけれど、やはり残念。代役はブルガリア出身のヴァシレヴァ。2013年にスカラ座と共に来日している実績があるので、期待しました。

そのレオノーラは可憐。潤いのある細い声は飛行機雲のように天を舞って響き渡りました。低音が届きにくいところはあったものの、総じて好み。
マンリーコは曲によってムラがりました。オーケストラと掛け合うところ二箇所でパワー不足を感じました。アリアは文句なし。
ルーナ伯爵はどっしりとした安定感があり、安心して聴いていられました。
アズチェーナはドスの効いた歌声が腹に沁み渡るようで素晴らしかった。メゾというよりはアルトかコントラルトの人なのかな。
オーケストラの力量は新国立、つまり東京フィルや東京交響楽団と同じくらいとみました。指揮者のリードは歌手優先と思われ、音量のバランスを丁寧に紡いでおり、コンパクトであり小回りのきいた演奏だったと感じました。

演出は極めてオーソドックス。節約舞台でもある。

このオペラは、陰惨なシーンでも音楽のトーンは比較的明るい印象があります。概ね、ヒロイックな響きを醸し出している。よって、CDだと物語の悲惨さが薄れて聴こえます。「トロヴァトーレ」の舞台を観るのは初めてですが、このあたり、やはり音楽に集中してみると明るめかなあ、との感想は変わりませんでした。



スヴェトラ・ヴァシレヴァ(レオノーラ)
フランチェスコ・メーリ(マンリーコ)
アルベルト・ガザーレ(ルーナ伯爵)
ミリヤーナ・ニコリッチ(アズチェーナ)、他

指揮 :ジャンパオロ・ビサンティ
管弦楽:イタリア・バーリ歌劇場管弦楽団
合唱 :イタリア・バーリ歌劇場合唱団
演出 :ジョセフ・フランコニ・リー















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
4 5 6 7
9 10 13 14 15
18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー