忍者ブログ

久々にCDを購入

2006.05.01 - 日記
千円前後のものを3枚買いました。

ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」など。

ギター
ロドリーゴ、ジュリアーニ、ヴィヴァルディのギター協奏曲 ジョン・ウィリアムス(ギター) オーマンディ(指揮)他

ロドリーゴもいいけれど、ヴィヴァルディのギター協奏曲がいい。映画「クレイマー・クレイマー」で使われた曲です(古いかな)。なんだかウキウキした気分になります。GWのせいかも知れません。このCDではおまけみたいに最後に入っています。お買い得。


ドビュッシーの「海」とブリテンの「セレナーデ」と「イリュミナシオン」

海
ドビュッシー「海」とブリテンの歌曲 ジュリーニ指揮ロサンゼルス・フィル、シカゴ饗、ロバート・ティアー(T)他

ジュリーニとロス・フィル蜜月期の録音。ディテイルが明瞭で輝かしい響きが心地よいです。これは、北斎の海というよりも、カリフォルニアの眩い海のようです。行ったことはありませんが。
ブリテンのは、まったりと北の海。悪くはないと思いますが、どうもイギリス音楽は少し苦手です。
それにしてもこのCD、ライナー・ノーツが異常に充実しています。
ブリテンの楽曲解説に4ページ弱費やされていますが、訳注が10。「純粋理性批判」なみです。そして「イリュミナシオン」はランボーの詩につけた曲なのですが、対訳が小林秀雄。きちんと旧カナです。
この2度おいしいCD、是非おためしを。

ムソルグスキーの「展覧会の絵」他

海
アファナシエフの「展覧会の絵」

とても遅い。体感では、ホロヴィッツの倍かかっているように感じます。
通常、ラヴェルの編曲版のほうが少し演奏時間は長くなりますが、この演奏はチェリビダッケより長いです。
アファナシエフは、変態的な演奏を得意とするピアニストですが(だから好きなのです)これはその面目躍如たる演奏です。2回聴けば慣れるような気がします。ただ、「森の情景」ほどの霊感は感じられませんでした。

★人気blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集


PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 4 6
8 10 12
15 19
21 23 25
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー