忍者ブログ

クラシック音楽は、おいしい

2006.04.23 - 日記
小生、クラシック音楽を聴き始めてから30年になる勤め人です。
何事にも飽きっぽい性格ですが、この趣味、思ったほど長く続いています。
要因としては、以下の3点ではないかと思っています。

■楽
家で寝転がりながら聴くことができる。運転のBGMとしても勿論、
携帯プレイヤーがあれば、どこでも。

■お金がかからない
FM番組を聴いたり、図書館でCDを借りるのはタダ。
CDを買うのも、輸入ものであれば百円単位から購入できる。
コンサートだって、自治体主催のものであれば無料の公演がある。
NHK交響楽団だったら、1~2回飲み会を我慢すれば可能。
外来のオペラ公演だって、1~2回キャバクラを我慢すれば可能。

■やはり奥深い
ベートーヴェンの「第五交響曲」は過去に100種類以上の録音があり、
日本で手に入るものだけでも数十種類。週に1度聴いたとしても
半年程度は楽しめる。
交響曲だけに限っても、ベートーヴェン9曲、モーツアルト40曲以上、
ハイドン100曲以上、マーラー11曲、ブルックナー10曲…。

■そして生活感がない
時代も国も違う音楽であるから当たり前かもしれない。音楽そのものとは
関係ないが、作曲家(演奏者)には奇特なヒトが多い。アル中、
ストーカー、同性愛者、裏切り者、スカトロジー…。
伝記やライナーノーツで 彼(彼女)らの生き方を読み、思わず勇気が
湧いてくることも少なくない。
またファッションがいい。日本でも三善晃や武満徹はまったく
ユニークで、あの髪型を見て、思わず勇気が湧いてくることも
少なくない。

というわけで、古典音楽は「おいしい」のです。
読者の方々に共感して頂けたら幸いです。
★人気blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集
PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:mobile car seat restraint fitter
-07/25(Tue) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー