忍者ブログ

豊島区オペラソリストの会、ヴェルディ、"トロヴァトーレ"

2018.09.03 - ヴェルディ

ma



豊島区オペラソリストの会主催による、ヴェルディの「トロヴァトーレ」公演に足を運びました(2018年9月2日、南大塚ホールにて)。

稽古ピアニストを務めた河野真有美さんのご案内によるものです。公演は2日間に渡り3公演行われますが、昨年同じ場所で「カルメン」のタイトル・ロールを妖艶に演じた里まりさんがアズチェーナを歌う2日目昼の部にしました。

このオペラは1953年にローマで初演された、ヴェルディ中期の傑作とされているものです。お話の華麗な(?)禍々しさもさることながら、歌手の力技と合唱の美しさが大きな聴きどころであり、「傑作」と云うにふさわしいオペラだと思います。

歌手ではまずレオノーラ。いくぶんハスキーな声は上品な色香が匂いたち、(勝手な)イメージ通りの素敵なヒロインでした。4幕における、難関であろうアリアに鳥肌が立ちました。
アズチェーナはやはり期待を裏切りません。妖艶さと執念深さを歌声のみならず、目力でも訴えかけていて迫力を感じました。
マンリーコは清潔感のある声が鮮烈、ルーナは敵役というより善人に見えました。

オーケストラは好調。
ことに、トランペットは切れ味抜群。









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー