忍者ブログ

ヴェデルニコフ、モーツァルト、"15番"

2016.04.12 - モーツァルト

ma



ヴェデルニコフのピアノ、ロジェストヴェンスキー指揮ソヴィエト国立放送交響楽団の演奏で、モーツァルトのピアノ協奏曲15番を聴く。

この曲をLP時代から、カサドシュのピアノで親しんできた。両端楽章の明朗さと、緩徐楽章のしっとり感とのコントラストが素晴らしいのだ。軽やかで丸いピアノの響きと、セルのカッチリしたオーケストラとの按配がとてもよくて、浮き立つように楽しい演奏なのである。

ヴェデルニコフのピアノは、それとはやや趣きを異にする。
彼のピアノの音色は、どこを叩いても揺らがないかのように厚くたっぷりとしている。ずっしりとした低音から、密度の濃い高音まで伸びがいい。でも鈍重ではなく、足どりは軽い。それは、テンポが中庸なのと、強弱のメリハリがはっきりついているからだと思う。終楽章は踊りたくなる。

ニーチェの言葉を思い出そう。「軽やかな心を持つ多くの知識に触れたり、多くの芸術に触れるようにしよう。すると、わたしたちの心は徐々に軽やかさを持つようになっていくからだ。」

ロジェストヴェンスキーのオーケストラは、とてもいきがいい。とくに弦楽器の扱いはとてもしなやかで細やか。ピアニストとの息もぴったり合っている。


1971年、モスクワ、オスタンキーノ放送局での録音。





ma
 
春。









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー