忍者ブログ

ホグウッドのモーツァルト「グラン・パルティータ」

2007.05.04 - モーツァルト

ホグウッド

モーツァルト セレナード「グラン・パルティータ」 ホグウッド指揮アマデウス管楽合奏団


しじみさんNiklaus Vogelさん主催による5月のマンスリー企画は「組曲」ということで、今月もできるだけ参加できればいいなと思っている。

昔から組曲という形態はよく耳にしてきたけれど、範囲はなかなか広い。
時代としてはバロックから現代まで作られているし、ジャンルも器楽曲から管弦楽曲、歌曲まであって実に幅広い。星の数ほどもある古今の曲から何を聴こうかと改まって思うと目移りして困る。基本はバッハだと思うが、今日はモーツァルトが聴きたかった。
「グラン・パルティータ」は一般にセレナードの10番として知られているけれど、副題に「組曲」の名が含まれているのでいいかなと。
しかもグランだし(?)。
この曲を知ったのは、映画「アマデウス」。アダージョの部分を聴いて感動しているサリエリがとても印象的だった。サウンド・トラックではマリナーが演奏していたけれど、あれもいい演奏だった。
それからしばらくして買ったのがこのホグウッド盤で、これもなかなかのものだと思う。
オケはアマデウス管楽合奏団。これ以外の演奏をみたことがない私にとってはナゾの団体だが、みんなとてもうまい。とくに先のアダージョのオーボエなんかは毅然としていて素朴な味わいがあってうならせられる。そして最終曲における圧倒的なスピード感も聴き逃せない。モーツァルトのアレグロの魅力が炸裂していて、思わず顔面を揺らしてしまう。

しかし考えてみるに、この13楽器という編成で常駐している団体は滅多にないと思うし、事実多くの録音はオーケストラのメンバーの選抜なわけだから、このアマデウス管楽合奏団も、エンシェント室内管あたりの選抜メンバーなのかも知れない。
輸入盤なので解説を読まない、いや読めないハンデがここにある。ググッても、これといった情報は見当たらなかった。残念。
PR
   Comment(3)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんにちは

「13管楽器」グラン・パルティータ、あのアダージョは絶品ですよね。私は色々なディスクを持っていますが、このCDは持っていません。古楽器かもしれませんね。ホグウッドの演奏は、古楽器を使っていても、ちょっとピリオド奏法とは異なるところがありますよね。
管楽器ですから、弦楽器ほどには違いがないのかもしれませんね。
カザルスがマールボロで演奏したものが、割とお気に入りです~。
ミ(`w´彡)
2007.05.04 Fri 11:34 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

アダージョはホントに絶品です。元々短い曲ですが、聴き終わると実に短く感じます。もっと続いたらいいのにと思わずにいられません。
確かに、ホグウッドが指揮しているので、古楽器を用いているのかもしれませんね。ただ、古楽器特有のクセは全然ありません。管楽器だからなのでしょう。
他の演奏も聴いてみたいと思います。カザルスもあるのですか!
2007.05.05 00:28

無題 - Niklaus Vogel

吉田さん、こんばんは! 「組曲マンスリー」、この曲はノーマークでした(笑)。
この曲はモーツァルトのセレナードの中でも、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」さえをも凌ぐ傑作中の傑作ではないでしょうか?
ホグウッド盤は未聴ですが、興味津々です。ちなみに、コントラバスを用いていますか、それともコントラ・ファゴットを用いていますか? (どちらかというと個人的には後者が好みでしょうか…。)
2007.05.04 Fri 22:45 URL [ Edit ]

Re:Niklaus Vogelさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

組曲はいろいろあるので迷いましたが、先週にちょうどこれを聴き始めたのでいいかなと思いました。
組曲というにはちょっと無理があるかもしれません。
この演奏では、たぶん、コントラバスではなく管楽器を使用していると思います。そういう観点から聴いていなかったのであまり自信はありませんが、弦の音は聴こえなかったので、おそらくそうではないかと。
2007.05.05 00:32

無題 - しじみ

こんばんは。
グラン・パルティータ、私はベルリン・フィルハーモニー管楽アンサンブル盤を持っていますが、そういえばあまり聴いていませんでした。なにせこの第7楽章という長さが心理的「壁」になっているのかもしれません。これからつまみ食いする感じで聴いてみようかと思います。
ところで、私のCDの解説によると、この「グラン・パルティータ」という名前、モーツァルトの死後、何者かが自筆譜に書き込んだとか。ちょっとミステリアス。映画「アマデウス」だったらサリエリだったでしょうね~。
2007.05.04 Fri 23:29 URL [ Edit ]

Re:しじみさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

全曲を聴きとおすと長いですね。セレナードというくらいなので、私はながら聴きしています、強いて言えば、3楽章と7楽章を好んで聴いています。Ipodにはこの2曲を常備しています。
「グラン・パルティータ」という名前は作曲者がつけたのではないのですか? しかも死後に誰かが。映画を観たあとでは、いかにもサリエリっぽいですね。でも、この曲のスケールの大きさを考えると、適切な副題に思えます。先入観かもしれませんが、結果オーライという感じです。
2007.05.05 00:38
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →

アカデミー賞について

詳しくは......
アカデミー賞について 2007.05.09   20:31
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:mobile car seat restraint fitter
-07/25(Tue) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー