忍者ブログ

アンダ、モーツァルト、"ピアノ協奏曲23番"

2018.01.03 - モーツァルト

ma


 
ゲザ・アンダのピアノ・指揮、ザルツブルク・モーツァルティウム管弦楽団の演奏で、モーツァルトのピアノ協奏曲23番を聴きました(1962年4月、ザルツブルクでの録音)。
 
この曲の演奏で好きなのは、ハイドシェック、バレンボイム、アシュケナージなどありますが、アンダのピアノも捨てがたい。彼のモーツァルトのすべてを聴いているわけではありませんが、10番台後半から20番台はみんないい。リズム感は抜群だし、音色は輝きを放っているし、オーケストラのコントロールも軽やかにして中庸、文句のつけようがありません。

そして、この488はモーツァルトの多くの宝のなかで最も好きな音楽のひとつ。とりわけ3楽章アレグロの、めくるめくインスピレーションに満ちた生命感溢れる疾走は、彼にしか書けなかった音楽と言っても過言ではないと思います。アンダのスピード感のある、あたかも天空を舞うようなピアノは、こよなく優しい。聴いていて幸せを感じます。








ma
 
パースのビッグムーン。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
4 5 6
8 9 11 12
15 16 17 18 19 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー