忍者ブログ

ムーティのメンデルスゾーン「スコットランド」

2006.09.07 - メンデルスゾーン
ムーティ

ムーティ指揮ニュー・フィルハーモニア管/スコットランド


9月に入って、ぐんぐん涼しくなっている。
涼しいのはけっこうだが、夏の暑さもいいものだったナーと、今となって調子よく思ったりする。
この歳になると、夏休みのドキドキ体験(なんだ?)というものはすっかり影をひそめてしまって、そういう華やかな寂しさというのは思い当たらない。
その代わりになつかしく思うのは、外から建物や電車に入ったときに感じる「おお、涼しい」というクーラーの感動である。
ここ数年味わう、寂しい、というかサブイ夏の思い出である。


秋らしく「スコットランド」。
なにが秋なのか不明であるが、なんとなくこの曲は秋なのである。
序奏からヴァイオリンの音が艶やかで澄み切っている。この響きが全曲を通しての基調となっていて、みずみずしい音楽を醸し出している。
この曲は、若さのマーク、老成したクレンペラー、そしてショルティ、カラヤンなど名演奏にこと欠かないが、このムーティ盤もいい。70年代のムーティを代表する名盤ではないかと思う。




★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム



PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1
4 6 8
14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー