忍者ブログ

自省録(14)、スヴェトラーノフ、マーラー"9番"

2015.08.29 - マーラー

ma
 


「ここで生きているとすれば、もうよく慣れていることだ。またよそへ行くとすれば、それは君のお望み通りだ。また死ぬとすれば、君の使命を終えたわけだ。以上のほかに何ものもない。だから勇気を出せ」(第10巻22)。








スヴェトラーノフ指揮スウェーデン放送交響楽団の演奏で、マーラーの交響曲9番を聴く。

テンポは全体を通してゆっくり目。
1楽章29分19秒。
2楽章18分8秒。
3楽章12分37秒
4楽章24分45秒。

トータルで85分弱かけているから、ジュリーニ指揮シカゴ交響楽団の演奏と、テンポは似ている。
録音がややデッドなので、音色が若干潤いに欠けるきらいはあるものの、堂々とした演奏である。
あまり大きな変化はみせないが、ところどころの味付けがなかなかおいしい。1楽章はむろん、弦楽器を中心に滔々と流れるが、オーボエ、クラリネット、ファゴットが枯れた味わいをみせており、「人生に疲れ果てた」マーラーの心境を率直に吐露しているかのよう。

終楽章は、この演奏の白眉。逆説的ではあるが「疲れ果てた」マーラーがなんと生き生き描かれていることか。件の2度目のファゴットはじつに生々しい。
オーケストラの配置は、先日に聴いたシノーポリの演奏とは異なり、ストコフスキー・スタイルをとっている。右からぐいぐいと低弦の圧力が迫りくる。やはり、この配置もいい。

スヴェトラーノフは2002年に亡くなっているから、これは最晩年の演奏記録といえるだろう。
私は長らく彼をツマラナイと思っていたので、あえて聴いてこなかったが、ここのところ少し聴き始めている。主に晩年の演奏。オーケストラのドライヴがとてもうまい指揮者であるようだ。
いまさらであるが、それがディスクを聴く意味のひとつ。



2000年1月21日、ストックホルム、ベルワルド・ホールでのライヴ録音。





ma
 
休憩。





重版できました。




「ぶらあぼ」4月号に掲載されました!







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー