忍者ブログ

百言百話、ズーカーマン、クロイツェル

2011.10.15 - ベートーヴェン

bee

ベートーヴェン「クロイツェル・ソナタ」 ズーカーマン(Vn) バレンボイム(Pf)


谷沢永一の「百言百話」は、ピリ辛名言集。本からのものばかりではなく、「男はつらいよ」など映画のセリフも入っている。
「個性々々と云って、一つの石ころが他の石ころと違うことを得意になっても、お前さん方を大勢一緒に集めて見たら、ただの『砂利』ではないか」、とは広津和郎の言葉。
人間の虚栄心を擽るのに、個性的という言葉ほど便利なものはないとし、なかでも醜女を評する場合はもっとも重宝すると、谷沢は手厳しい。
とはいえ当方も年をとるにしたがって、個性的という言葉の価値は下がっていくように感じる。


ズーカーマンとバレンボイムの若いころの記録。ふたりの覇気がいい。
70年代後半あたりからは、しんなりと澄んだ響きを聴かせるズーカーマンが、ここではけっこう荒っぽい。1楽章は切り込みが鋭いし、2楽章は「運命」のリズムを乾いた音で刻んだりして、たっぷりと感情が入っている。
バレンボイムも同様に激しい。ときにものすごい強い音の打鍵、じっくりと粘るタメ。振り幅が広い。
ときに、ズーカーマン22歳、バレンボイムは28歳。
若くして世に出たふたりに対して、いままで年齢のわりには大人びた演奏をするイメージがあったが、このクロイツェルは触るとやけどしそうに熱い。
彫りは浅めで、そのぶん勢いがある。面白い演奏だと思う。


1971年3月の録音。

PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー