忍者ブログ

ボロディン四重奏団、ベートーヴェン「大フーガ」

2016.04.26 - ベートーヴェン

ma
 


ボロディン弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏13番を聴く。

問題作である。
ベートーヴェンが作曲をした当初は、最終楽章に長大なフーガを配置していた。その規模は非常に大きいため、これでは楽譜は売れないだろうという進言を受け、このフーガは別作品として出版された。それに変わるものとして、もっと明るくて短く、親しみやすいアレグロ楽章に差し替えられた。
ただ今は、この曲を演奏する際にはほとんどが、当初の最終楽章である「大フーガ」は同じ曲のひとつとして演奏される。
さて、これをどこに配置するか。知る限りのディスクでは、短いフィナーレの前に大フーガをもってくる演奏がやや多いように思うが、大フーガを最後にもってくる演奏もある。どちらにせよ、フィナーレがふたつ連続する感じがあり、いささか坐りが悪いのだ。

同じ演奏会でやるとしたら、短いフィナーレで完結してカーテン・コール、改めて大フーガを演奏する、というスタイルがいいように思うのだが、どうだろうか?

ボロディン四重奏団は、ここでも好調。柔らかくまろやかで肌理の細かな音でもって、覇気のある演奏を繰り広げる。音のバランス、分離も申し分ない。
ちなみにこのディスクでは、大フーガは6曲目(短いフィナーレの前)に置かれている。CDで聴く分には、自分で好きなように頭出しをする手もあるが、面倒だからしない。

これで、このボックスは全部聴き終わった。4,5,7,9,11,13,15という、なんとも言えない選曲であるが、演奏は満遍なくいい。他の曲をやっても、きっとレベル高いだろう。
バリリや東京、ブダペスト、ズスケなどと共に大事にしたいディスクである。


ミハイル・コペルマン(vn1)
アンドレイ・アブラメンコフ(vn2)
ドミトリ・シェバリン(va)
ヴァレンティン・ベルリンスキー(vc)


1989年2月、イースト・ウッドヘイ、聖マーチンズ教会での録音。





ma
 
春。









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー